COMPANY INFORMATION 企業情報

会社概要

所在地

株式会社三田屋製作所

〒350-0833 埼玉県川越市芳野台2丁目8番12号

代  表 TEL:049-225-1981 FAX:049-225-7485

営業直通 TEL:049-298-8017(代)FAX:049-298-8016

E-mail: mail@mitaya.co.jp

代表者名

代表取締役社長  飯田 泰子

加盟団体

社団法人 日本画像医療システム工業会

川越東部工業会協同組合

事業内容

医療用精密機器(医療用画像診断X線関連製品)製造販売

主力製品

散乱線除去グリッド(MS-Xレイ・グリッド)

事業の特色

医療X線診断の品質向上に不可欠なXレイグリッドの国際的トッ プメーカーとして、各医療関係者より高い評価を受けております。

生産技術面においては製造工程の自動化を推進し、更なる品質の向上と安定供給を目標に努力しております。

平成11年12月 ISO9001認証取得 登録No.JQA-QM4013

平成20年4月 ISO13485認証取得 登録No.JQA-MD0026

理  念

【企業理念】

「ものづくり」を通して社会に貢献し、顧客の満足、社員の喜びを実現する。

【品質方針(ビジョン)】

顧客の要求する品質を理解し、信頼性高い製品を提供します。

創意工夫とチームワークを原動力に新しい価値を追求します。

沿革

1946年

東京都豊島区千早町にて個人創業。

1951年

X線グリッドの開発に着手。

1955年

26本・28本/cmの平行グリッド製造販売開始。

1958年

集束型・クロス型グリッド 34本・40本/cm製造販売開始。
米国への輸出開始。

1959年

業容拡大に伴い株式会社三田屋製作所を設立。

1965年

販売部門を独立して三田屋商事株式会社を設立。

1967年

埼玉県入間郡三芳町に工場を新築。

1981年

埼玉県川越市に敷地13,130㎡・建築面積5,655㎡の工場を新築し三芳工場から移転。
静止撮影用高密度グリッド 60本/cm製造販売開始。

1986年

超高密度グリッド80本/cmおよびマンモグラフィグリッド製造販売開始。

1996年

ベッドサイド撮影用グリッド MS-3Pタイプ製造販売開始。

1999年

ISO-9001(JQA-QM4013)取得。

2000年

デジタルピッチに合わせた特注超精密グリッド80~100本/cm製造販売開始。

2007年

中小企業庁『元気なものづくり300社』に選出される。
改良型ベッドサイド撮影用グリッド「KAITEKI」シリーズ、実用新案を取得して製造販売開始。
低被ばく撮影を可能にするファイバーグリッド MS-LDグリッド製造販売開始。

2008年

ISO-13485(JQA-MD0026)取得。

2011年

東北大学との産学連携事業でQCQAファントムを開発。

2012年

埼玉県川越市に本社を移転。

2013年

川越ものづくりブランドKOEDO E-PRO大賞受賞。

2018年

三田屋製作所に三田屋商事を合併。

2019年

金沢大学との産学連携でピクセルアラインドグリッドを開発。

アクセス

〒350-0833
埼玉県川越市芳野台2丁目8番12号

大きな地図で見る